2012年12月17日

スティーブ・ガッド



スティーブ・ガッドはドラム界ではかなり有名です。しかし、動画を見ても何がそんなにすごいのかがよく分からないという人が多いです。テクニックが飛びぬけてすごいというわけでもなく、一見難しいことをしてるようにも見えません。初めてスティーブ・ガッドのドラムを聞く人はそのような感想を抱くでしょう。では、なぜスティーブ・ガッドはテクニックなどが飛びぬけているわけでもない(テクニックはもちろんものすごく高いレベルですが)のにこのように有名になって評価されているのでしょうか。

それは一言で言ったらフィールです。フィール(feel)を訳すと感情、感覚などという意味が出てくると思います。音楽用語で使うフィールの意味もこれと似た意味です。フィールとは演奏の言葉では言い表されないような微妙なニュアンスや感覚のことを指します。

スティーブ・ガッドはどのドラマーよりも味のあるフィールを持っています。やっていることは他のドラマーに比べたらさほど複雑でないことが多いのですが、他のドラマーよりも一味感覚が違うのです。なかなか言葉では上手く説明できないので分かりにくいかもしれませんが、スティーブ・ガッドの演奏を鑑賞することによって少しずつフィールがどのようなことなのかということが分かってくると思います。

参考にお気に入りのスティーブ・ガッドの演奏を貼っておきます。





posted by drumlessonjapan at 22:07| Comment(0) | ドラマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でドラムを練習する方法|ダブルストローク



ダブルストロークを枕で練習するときの注意点:

  • 正しいテクニックを身につける前にこの練習に取り組まない

  • と、二つ目を強く叩くこと



この練習の目的:

  • ダブルストロークのスピードをあげること

  • 二つ目の音を綺麗に叩けるようにすること



自宅でドラムを練習する方法|シングルストロークでも説明しましたが、これはスピードをあげるための練習であって、正しいテクニックを身につけるための練習ではありません。正しいテクニックを身につける前にこの練習に取り組んでしまうと間違ったテクニックを身につけてしまいます。

また、二つめの音をアクセントすることによって、ダブルストロークを叩くときに弱くなりがちな二つ目の音を一個目と同じ強さで叩くことができるようになります。

posted by drumlessonjapan at 20:38| Comment(0) | 家でできる練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でドラムを練習する方法|シングルストローク



シングルストロークを枕を使って練習するときの注意点:

  • 正しいテクニックを身につける前に枕を使って練習しない

  • 手首だけでなく、指も使う

  • 綺麗(左右の強さやタイミングが均等である)なシングルストロークを目指す



正しいテクニック(腕・手首を酷使せずに指を使う効率的・効果的なテクニック)を身につける前にこの練習に取り組んでしまうと、どうしても誤ったテクニックが身についてしまいます。正しいテクニックを身につけてからこの練習を行うようにしましょう。この練習はスピードをあげるための練習です。正しいテクニックを身につけるための練習ではありません。

また、練習は量より質を求めましょう。この練習を行うときに、綺麗なシングルストロークを叩くように意識しましょう。完璧に均等なシングルストロークを叩くことが大事です。汚いシングルストロークをたくさん叩けば叩くほど汚いテクニックが身についてしまいます。
posted by drumlessonjapan at 20:18| Comment(0) | 家でできる練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。