2012年12月18日

初心者でもドラムが叩けるようになる方法

この記事ではドラムの上達方法を非常にシンプルにして紹介します。ドラムの演奏は主に二つの要素から成り立っています。この二つの要素を集中的に練習することで劇的に上手くなることができます。

その二つとは

  • ハンドワーク

  • ハンド・フットコーディネーション



簡単に言うと、ハンドワークはドラムスティックをどれだけ自由に扱えるかということで、ハンド・フットコーディネーションはどれだけ手足が噛み合うかということです。


  1. ハンドワークを練習するには

  2. ルーディメンツを練習することが最も効果的です。ドラムの演奏のほとんどがルーディメンツから成り立っています。したがって、ルーディメンツをマスターすることによってどんな演奏でもできるようになるわけです。

    →ルーディメンツを練習するときの注意点:
    • はじめはメトロノーム(おすすめはDr.Beat)を使って遅いテンポで練習すること(60〜80bpm)

    • 遅いスピードで叩けるようになったら少しずつスピードを上げていく

    • 均等で完璧にキレイに叩けるまでスピードを上げないこと

    特に最後の注意点が重要です。間違ったやり方で練習してしまうと間違った技術が身についてしまいます。

    家にドラムがない、という方は2〜3千円投資して練習用パッドを買いましょう。音が響かないので自宅で練習するには必要です。おすすめはヤマハのスタンド付きのパッドです。

  3. ハンド・フットコーディネーションを練習するには

4-Way Coordination: A Method Book for the Development of Complete Independence on the Drum Setという本を使いましょう。この本はどのドラマーも所有すべき本の一つです。手足のあらゆる組み合わせのパターンが載っていて、これらを練習することによって手足が噛み合うようになります。

4-Way Coordinationを練習するときの注意点:
  • メトロノームを使って遅いスピードからはじめる

  • パーフェクト(完璧)さを求める。完璧になる前にスピードをあげない


これらの二つを集中的に練習することによってドラムを自由に操れるようになります(手足両方とも)。何度も言いますが、大切なのはスピードをあげることよりも一つ一つの練習を完璧にできるようにすることです。間違ったやり方で練習をしてしまうと間違った技術が身についてしまいます。



posted by drumlessonjapan at 09:30| Comment(0) | 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。