2012年12月18日

ドラムを自由に操れるようになる方法|ルーディメンツ

プロのドラマーを見ていると、ドラムを自由に操っているように見えます。ものすごく複雑なパターンを叩いていて、何をどう演奏しているのかがいまいちよく分からないことが多いです。真似しようとしても全く違ったり、難しすぎて諦めてしまったりということが多いです。

しかし、上手い人はさほど難しいことはやっていないのです。基本的なことを難しくみせているだけなのです。色んな基本的なパターンを組み合わせて複雑そうなリズムやフィル・インを叩いているだけなのです。だから、初心者でもその基本的なパターンを練習することによって複雑そうなパターンが叩けるようになるのです。

では、その基本的なパターンとは何なのでしょうか。それはルーディメンツ(rudiment)です。これはもともとマーチングのスネアなどから発展したものですが、ドラムセットにも応用されています。ドラムの演奏の全てがルーディメンツから成り立っていると言っても過言ではないです。これらを叩けるようになったらどんなパターンでも簡単に叩けてしまいます。

PASで定められている40個のルーディメンツはこちら。このサイトでは、それぞれのルーディメントがBronze(銅)からDiamond(ダイヤモンド)までのレベルが定められています。初心者は銅から初めて少しずつレベルを上げていきましょう。

ルーディメントの中で最も重要なものは以下の4つです:

これらを集中的に練習するだけでもドラムの演奏のレベルが劇的上がります。初心者はこの4つを徹底的に練習しましょう。

posted by drumlessonjapan at 08:55| Comment(0) | ルーディメンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。