2014年01月28日

ドラムがうまくなる秘密

そんなのありません!秘訣なんてないし、そんなのあるっていう人がいればそれは嘘です!ドラムが上手くなりたいのならば、ひたすら努力するしかないのです。

…なんて聞いたらガッカリですよね。しかも、あまり納得できない。ものすごく速いペースで上手くなる人もいれば、いつまでたっても上達しない人もいる。この差は何なのか、あなたは知りたいのでしょう。

それは練習の仕方です。ずばり、簡単に言うとこれです:


  1. ルーディメンツを練習する

  2. 手足のコーディネーションを練習する

  3. あらゆるジャンルの音楽を聴く

  4. フィールを身につける

  5. 常にメトロノームをつけて練習する



これらをやればあなたもプロになれます。ただ、誰もこんなおもしろくなさそうな練習ひたすらやりたがらないですよね?
そう。だからあなたはこれらの地道な練習をすることで皆と差をつけることができるのです。
曲を覚えて叩くだけでは絶対に上手くなりません。本当に上手くなりたいのならば、このサイトで紹介するテクニックや練習方法に従って地道に練習するのです。このサイトじゃなくてもいいです、他の信頼できるサイトでもいいです。でも、しっかりとドラムが叩ける人は皆同じことを言うでしょう。基本をひたすら練習するしかありません。

一番の近道は近道がないと知ることです。
posted by drumlessonjapan at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

バスドラを速くする方法・こんなバスドラ・テクニックも可能



こんなテクニックもあります。
ヒールトウテクニックと言います。かかとでバスドラを踏み、つま先でそのあと踏みます。
かなり高度なテクニックです。
posted by drumlessonjapan at 15:38| Comment(0) | ドラマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

頭の中でドラムを練習する

頭の中でドラムの音しますか?
ドラムがうまい人は常にドラムのビートが頭の中に鳴り響いています。日ごろから聞いてる音楽のドラムのフレーズだったり、YouTubeで見たドラムの演奏を頭の中で繰り返し反復してます。これは最初は意識的にやるものですが、少しずつ自然になってきます。こうすることによってイメージトレーニングをしているのです。

スポーツ選手なんかもイメージトレーニングするという話は聞いたことあるでしょう。イメージトレーニングは実際その動作をやっていなくても(ドラムを叩いたり、バスケットボールをシュートしたり)同じ脳の神経が発火するそうです。つまり、練習していなくても練習したのと同じ効果が得られます。

ドラムが家にないからと言い訳をしているあなた、頭の中でドラムを叩けばいいのです!
posted by drumlessonjapan at 18:20| Comment(0) | 家でできる練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。